2017年6月11日日曜日

横浜イングリッシュガーデン①-180mmマクロ、デビュー

新しいマクロレンズが出掛ける前に届くとイイネと前日二人で話し合っていたのですが、願い通り朝届いたのでそのままアジサイが咲く横浜イングリッシュガーデンに連れて行ってシェイクダウンと相成りました。
道連れは1DX,1DX2に、70-200mm,100mmマクロ,180mmマクロです。

明るくて焦点距離の長いレンズに相応しいサイズ感で、日頃から白筒を振り回していなければキツく感じた事でしょう。
AF動作は速いのですが、一旦ハズすとピント調整幅が広いマクロ特有の遅さが露呈するのは想定内。 そして手振れ補正機構は、手持ちメインの我々に大きな安心感を与えてくれます。





今が花盛りのアジサイも180mmマクロで沢山パシャリ。
撮りながら最初に感じたのは「なんだか露出がアンダー」。 アンダー気味ではなく明らかにアンダーなショットが多発したので、途中から露出を上げて撮影を続けました。 この点を除けばフィルター径86mmの大口径のおかげか、情報量が詰まった画像を叩き出してくれます。




現場ではそれなりに満足したのですが、大きな画面で見るとビックリに次ぐビックリ! でもそれについては、また続きにて・・・。

マクロレンズをもう一本

望遠レンズ不足はひとまず解決していますが、次に解決しなければならない我が家のレンズ案件がマクロレンズ不足問題。 植物園などマクロ領域が必須のロケーションに2人で行くと度々この問題が浮上します。
そんな時は譲り合ってパシャリするのですが、神代植物公園で太郎が広角や望遠レンズで無理矢理工夫して撮った写真を見た花子が「太郎さん、ヘタクソ! マクロレンズ追加しよう。」と言い出しました。

それでは何を買おうかとEFレンズのラインナップを検討しましたが・・・
  • EF100mm F2.8L マクロ IS USM→
    同じレンズを2本揃えるなんて愚の骨頂、却下。
  • EF100mm F2.8 マクロ USM→
    同じ焦点距離だと無意味、IS非搭載、設計古い、却下。
  • EF180mm F3.5L マクロ USM→
    IS非搭載、設計古い、却下。
となり、選択肢がありません。 そこでサードパーティー製品にも視野を広げて選定する事としました。


ところが100mmより焦点距離が長く手振れ補正機構付のフルサイズ対応マクロレンズで絞り込むと、シグマの105mm,150mm,180mmしかヒットしませんでした。 現状からの変化を求めるなら一番焦点距離の長いSIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM一択っ!
しかしこの時はココから長い闘いが始まるとは知る由もありません。

4月30日 この製品は市場在庫が極端に少ないようで軒並み「納期2ヶ月」などとなっていますが、ありがたい事に最安値のECショップは数少ない「在庫あり」でした。 これならゴールデンウィーク中に連れて歩けると見込んで、このショップに発注♪
5月 1日 ショップより発送の旨連絡があったためKenko MC プロテクター プロフェッショナル 86mmをAmazonに発注。
フィルター径って86mmなのね。 このサイズだとzetaでもない普通のプロテクターのクセに4,500円もしてビックリ。
5月 2日 レンズとプロテクター到着! 早速開封の儀を執り行うも保証書に「SONY」の文字が!? マウントを間違えて発注したかとかなり焦りましたが、サイトにもインボイスメールにも「キヤノン用」の文字がありコチラのミスではなさそうです。
ゴールデンウィーク中の使用を考えれば多少高くついてもこちらを返品して、すぐに他の「在庫あり」のショップに再発注したい気もしますが、入金確認などを考えるとこのまま同じショップと取引を続けた方が早いかもしれません。 取り合えず先方の意向を聞かないことには判断できないので即日クレームを入れてショップの反応を待ちます。
とは云いえ、とても小規模なショップなのでEFマウントとAマウントの両方を持っていて発送時に間違えたと云うより、Aマウントしか持っていないのにEFマウントだと思って出品していた可能性が高く思われますが・・・。
5月 8日 ショップからの反応が無くジリジリしましたが、ゴールデンウィークが終わってようやく返信がありました。 しかし案の定、謝罪と在庫無しのため返金対応させて欲しいとの内容。 ぐぬぬ。
5月 9日 楽しみにしていただけに意気消沈は甚だしく、ゴールデンウィークも終わっちゃったので一旦リジェクトしようかとも思ったのですが、他に使い道のない86mmのプロテクターを買っちゃったので引っ込みがつきません。 そこで「通常配送を利用した場合、最短で5/18~5/29のお届け予定です。」ながらも最安のAmazonで再度ポチッ、今更納期はどうでもいいや。
5月29日 お届け予定日の最終日、Amazonよりお届け予定日変更のお知らせ。 新しいお届け予定日は6/6~6/13、もしやkonozamaか?
6月10日 Amazonより発送の旨連絡、お届け予定日6/11。
6月11日 配送開始の9時を待っていたかのように自宅のピンポンが鳴り、最初の発注から40日超でようやく正しい商品が手元に届きました。

レンズに非は無いケドすったもんだしたこのレンズ、ちゃんと愛せるのでしょうか・・・。
最大撮影倍率は100mmマクロと同じなのに、大きさ&重さは100-400mmより少しオーバー。 気軽に持ち出せるとは云い難いサイズ感ではありますが、足場から遠い花、近付くと逃げて行く虫、水槽の奥を泳ぐ魚、等々、少し遠くから狙わざるを得ない状況で威力を発揮してくれると期待しています。

2017年6月4日日曜日

石垣島研修 3日目③-ベイパーの神様

船着場から路線バスで1時間程で「南ぬ島 石垣島空港」に到着。 同行していたメンバーはお土産だビールだと其々散って行く中、花子は勿論ヒコーキです。

知らない場所では自分で調べるよりも聞いた方が早かろうと、空港スタッフの方にヒコーキを見られる場所を聞いて向かったのは2階の送迎デッキ。
しかしそこはボーディング・ブリッジの間にあるため、着陸機の姿が見えた時には既にランディング状態。 折角さくらちゃんが見られても、こんなんじゃつまらない! しかもガラス張りの部屋で体感温度は40度を超えます。
イヤイヤこれは耐えられん、と云うか、これが全てのはずが無いと思い自分でフロアガイドを見て調べると、ちゃんとありましたよ、展望デッキが。


やっとイメージ通りの場所に辿り着いたものの、ラジオはウンともスンとも言いません。 チャンネルが合っていないのかと不安に思って太郎にフライトスケジュールを送っもらったところ・・・このトラフィックじゃぁラジオが沈黙するのも道理です。 羽田が普通だと思っていた花子はカルチャーショックを受けました。

いよいよ到着予定時刻が近づいて来ましたが、Flightradar24にはソレらしい機影は見当たりません。 にも関わらず、彼方からエンジン音が聞こえてきて・・・真っ白な機体がヴェイパーを長々とたなびかせながら近付いて来るではありませんか! 鶴丸のシンボルを頂くその姿は、まるで羽衣を纏う天女のような美しさ!!
なのに設定は中央一点フォーカス(汗 ジタバタしながらヴェイパー全体をフレームに入れて、余分なトコロはチョッキンチョッキン。

高度を下げてもヴェイパーは出続け、タイヤスモークとヴェイパーが同時に見られると云う稀有な瞬間が見られました。 いゃもぅ、心臓バクバクの体験でした。


続く青組はフォーカスエリアを右1/3にして、ヴェイパーを入れながらもなるべく大きくパシャり。



次はプロペラ機の離陸なのでヴェイパーは期待できず、それなら白い空とは云え南の島を飛び去る感じにしようとエクステンダーを抜いて挑みました。
しかし後から見るとプロペラヴェイパーが出ているではありませんか! 解像感を犠牲にして、ジョキジョキチョッキン。

この時の南ぬ島にはヴェイパーの神様がいなさったようで、たった3機だけのパシャリでも感動タップリお腹いっぱいになりました。


パシャリ心は満腹でもリアルな胃袋は空っぽです。 ここでデッキを後にして、石垣牛専門店「いしなぎ屋」の肉うどんで石垣島グルメを締めました。

搭乗口は一番奥だったのでこれから乗る機体は見られなかったのですが、ブリッジを渡る途中で見えて来たのはジンベエ君! なんと往復でジンベエ兄妹コンプリートです!

大喜びで席に着いたものの、出発予定時刻になってもジンベエ君は動き出す気配がありません。 そして流石は南の島だけあって機内はムシムシ暑いゾ。
と思っていたら「エアコン故障のため暫くお待ち下さい」とのアナウンス、更に待つこと暫し「皆様には一旦飛行機を降りて頂いて、修理を続けます」と・・・。 蒸し風呂のような機内から解放されたのは嬉しいのですが、羽田から自宅に帰る電車が無くなってしまいそうで冷や汗を流す人が続出していました。
最終的には予定より3時間近く遅れたものの無事羽田に到着し、今年の研修旅行はこれにて終了。

⇒ 石垣島研修 1日目ージンベエに乗って♪
⇒ 石垣島研修 1日目ージンベエに乗って♪
⇒ 石垣島研修 2日目ー研修本番
⇒ 石垣島研修 3日目①ー西表島のマングローブ
⇒ 石垣島研修 3日目②ー由布島
□  石垣島研修 3日目③-ベイパーの神様

石垣島研修 3日目②ー由布島

由布島は西表島の浅瀬にある小さな島で、水牛車で渡ります。 私が訪問した時は引き潮で濡れた砂浜が続いているだけでしたが、満潮時には1m程海水に浸かるそうです。 なんとか船でも行き来できそうですが、荷物を積むと座標しちゃいそうですね。
おじぃの島歌を聞きながら水牛車の揺れに身を任せること数分、あっと云う間に由布島に到着します。
上陸するとスタッフに案内されながら島の内陸に進み、途中観光地によくある記念撮影をして、到着したのはレストランのある建物。 今回参加したツアーには昼食がついており、海ブドウや紫芋の天麩羅など一応の郷土料理の弁当が用意されていました。


その後は一時間以上の自由時間なのですが、ここでいったい何をすれば良いのと戸惑いながらレストランを出て周りを見回すと・・・東京では見られない植物が生い茂っていました! 実は由布島は全島が『亜熱帯植物楽園』と云う観光施設になっており、そうなると1時間では到底時間が足りませんw。




蝶々園と云う温室の中ではオオゴマダラが飛び交っていました。 オオゴマダラは多摩動物公園でも見られますが、ココのは一回り大きいような・・・。 そして黄金のサナギも見られます。


水牛車の乗り場近くの「水牛の池」では非番の水牛達が休んでいます。 しかし毎日頑張って水牛車を引いているオトナよりも、短い角が可愛らしい子供ばかりが人気を集めていましたw。
島内には水牛以上に目を見張る動物がアチコチに生息していました! こりゃぁタマラン!




恥ずかしながら今回石垣島の離島巡りクルーズを調べるまでは由布島の名前すら知らなかったのですが、実に楽しい場所でした。 後ろ髪を引かれつつ由布島を後にし、再び西表島に戻って石垣島への船の旅となります。
石垣島に戻ってしまうと、あとは帰りのフライトを残すのみ。 余裕をもって空港に向かいましたが、それについてはまた続きにて・・・。

⇒ 石垣島研修 1日目ージンベエに乗って♪
⇒ 石垣島研修 2日目ー研修本番
⇒ 石垣島研修 3日目①ー西表島のマングローブ
□  石垣島研修 3日目②ー由布島
⇒ 石垣島研修 3日目③-ベイパーの神様