2018年3月27日火曜日

目黒川の夜桜


この日は仕事帰りに目黒川の夜桜見物に出掛けました。
道連れは1DX2に、50mmです。

17:30頃池尻大橋に到着。 既に雪洞に灯りは灯っていますが、あまりに明るすぎて雰囲気が足りません。 空が青く暮れ始めるまでは目黒天空庭園・オーパス夢ひろばのシダレザクラをパシャリ。



空が色づき始めるとサクラは雪洞の灯りに照らされて、恋する娘さんの頬のように染まります。



とっぷり暮れるとライトアップされたサクラの輝きが空を照らします。 その姿は艶やかで、見るものの心を酔わせます。




昨年はワルノリに思えたライトアップですが、今年は実にしっくり。 LEDの特性を活かして色合いが変化する光に照らされるサクラと、薄いピンクの固定色の灯りに照らされるサクラがレイヤーになって、幻想的な情景を作り出していました。


いきなりお花見シーズンに突入した今年の目黒川も、昨日の千鳥ヶ淵と同様に人出は少なめで実に快適。
オシャレな屋台が気になるものの、今日はまだ火曜日。 イチゴを浮かべたシャンパンのグラスを横目に、本日のお散歩はこれにて終了♪

2018年3月26日月曜日

千鳥ヶ淵の夜桜

前の週の金曜日はまだサクラの蕾は膨らみ始めでしたが、休日の間になにやら風景が華やいで来ました。 休み明けのこの日まさかと思いつつ撮影機材を携えて出勤すると・・・ややや、九段下は週末を経て既にお花見シーズンに突入しているではありませんか!
この日の道連れは1DX2に、50mmです。

多忙のためお昼休みはお散歩に出られず、仕事を終えて夕方外にでると・・・朝よりも一段と開花が進んでいます♪
しかしあまりに急な開花のためか人出は少なめで、例年になく快適なお花見を楽しむことができました。


月曜日だというのに仕事帰りにタップリ楽しんでしまって・・・本日のお散歩はこれにて終了♪

2018年3月22日木曜日

横浜イングリッシュガーデン②-天上の楽園

視線を上げると青空に浮かぶピンクの霞み。 そう、ココはサクラも色々な種類が咲くのでした!
早咲きのサクラはソメイヨシノのような気高さはないけれど、赤ちゃんの頬のようなふっくらとしたピンクが可愛らしい。 サクラのウキウキが空に広がって、陽射しもウキウキと温かくなるようです。




春の色はピンクだけではありません、トサミズキの黄色やマグノリアの白もウキウキの色♪ 青い空に様々な色彩が揺れて、天上の楽園はかくありかと思える程の幸福に浸りました。




そんな春間近のお庭に一本、枯葉をびっしり付けた樹がありました。 季節はずれの枯葉の形が面白くて、思わずパシャリ。
君の名は? 緑の葉はどんな姿をしているの? 先の季節の楽しみが一つ増えました。

春の気配にウキウキしても暦はまだ三月、15時を過ぎた頃には日光はぐっと薄くなってしまいます。 イースターの飾り付けも気になるけれど、本日のお散歩はこれにて終了♪

⇒ 横浜イングリッシュガーデン①-地上の楽園
□  横浜イングリッシュガーデン②-天上の楽園

横浜イングリッシュガーデン①-地上の楽園

クリスマスローズを探して、雨上がりの横浜イングリッシュガーデンにお出掛けしました。 秋バラを見に行って以来、久しぶりの訪問です。
道連れは1DX2に、50mm,100mmマクロです。




クリスマスローズの淡い色彩とスイセンのきりっとした色彩が、良いバランスで散りばめられています。



クリスマスローズを探して足下を見ていると、パンジーやヒヤシンスや色々な小さな花も精一杯咲いています。 雨上がりの透き通った光を浴びて、まるで地上の楽園のようにウキウキと輝いていました。

輝いていたのは足下だけではありません。 でもそれについては、また続きにて・・・。


□  横浜イングリッシュガーデン①-地上の楽園
⇒ 横浜イングリッシュガーデン②-天上の楽園