2017年3月17日金曜日

羽田でオトナの遠足②-JALハンガー見学

「オトナの遠足、本番」はT先生にお誘い頂いたJALの格納庫見学♪ しかも通常では体験出来ない夜の時間帯での見学です♪♪♪

最初は機体を解体して点検並びに整備を行うハンガーを上階から見下ろす形での見学。 そのハンガーがデカイのなんのって・・・容積は間違いなく代々木体育館より大きいです。 大きいはずの777や767が羽交い絞めにされて、ちーっちゃく見えます。



続いて隣の格納庫ではグランドレベルに降りて近くからヒコーキを間近で見学。 仰ぎ見ると、ヒコーキはやっぱり巨大で圧倒されます。 「こんなデカいモノが飛ぶワケない」というのが率直な感想で、いくら理屈を説かれても、実際に飛んでいるところを何度も目撃していても、このデカさを目の当たりにすると飛ぶ物体であるコトがピンと来ません。


777を見分けるポイントは主脚のタイヤが3x2=6輪ずつなのと、オシリの部分。 このオシリ、ある時はぷっつりと切れているように見えたり、またある時はえぐれているようにも見えるのが不思議だったのですが、おぉ、こうなっているのか!



今回見学出来た中で一番大きな機体は777-200で、世の中には777-300やら747-8やらA340-600やらA380やら更にデカい旅客機が存在するってンだから、やっぱおかしい・・・。 でも、そんなデカい機体が5機も格納出来る上に柱が存在しない空間であるこの格納庫が一番おかしい!

空間を有効に利用するために、前向き→後向き→前向きと交互に駐機させるので、当然バックで入庫する機体もあるワケですが、丁度そんな場面に遭遇しました。 デカくてホイールベースの長い機体をトーイングカーのプッシュバックで切り返しもせず軸線上にきっちりと入庫させて行く様にプロの技を見ました。
ガランとしていた巨大な格納庫が、あっという間に鶴丸の機体で埋め尽くされる手際の良さも感動ものです。





「オトナの遠足 エピローグ」は空港を離れ、花子コーディネートで蒲田名物の羽根付き餃子パーティ。 皆さんのお話を伺っているとダメさ加減が半端なく、我々はまだ“正常”の範囲に居ると強く感じました。
こんな素晴らしい機会を与えてくださったTさんと、お誘いと取りまとめをしてくださったT先生、誠にありがとうございました。 羽田→羽根付き餃子のコースに、「羽田付き餃子」と云う新しいネーミングが生まれたところで、本日のお散歩遠足はこれにて終了♪♪

⇒ 羽田でオトナの遠足①-ターミナル
□  羽田でオトナの遠足②-JALハンガー見学

羽田でオトナの遠足①-ターミナル

いつもお世話になっているT先生からとあるとても魅力的な場所にお誘いを受け、即座に「行くっ」と返答しました♪
集合場所は羽田空港、集合時間はこの日の夕方。 ならばと地元の我々は休暇を取って朝から羽田に出向き、ヒコーキを撮りつつご一緒する空友さん達をお出迎えする事にしました。
道連れは1DX,1DX2,5D3と8-15,16-35,24-105,70-200,100-400,Extender1.4xです。

まずは1タミに向かいますが、いつもなら羽田は200-400mm1.4Xで挑む太郎も今日は70-200mm+1.4xと控えめ。 画質が期待出来ないため、主に超スローシャッターや露光間ズームで遊びます。
ここでIさんと合流して、おしゃべりしながら3人でパシャリの「オトナの遠足、プロローグ」。

そうこうしているととても小さなヒコーキが着陸して来ました。 このペイントは初めて見るーなどと言いながらファインダー越に追いかけていると・・・着陸しない・・・まだしない。 インタミの真正面まで来てやっとタッチダウン、したものの・・・機首を下げずに滑走路をドンドン進んでいきます。 タッチ&ゴーなのかF-15なのかwと叫んだ頃にやっと前輪も接地しました。





頃合を見てルフトハンザ747-8の着陸を見るために2タミに移動したのですがっ、なんとこの日は珍しく34Lに降りやがりました。


その後はヒコーキを見ながら昼食を摂り、更にヒコーキを見続けます。
途中でランチェンしたり、R2-D2 ANA JETがR/W22に降りるのを見逃したIさんが悔しがったり、タキシングだと思って見送ったSTAR WARS ANA JETがUターンして離陸してIさんが大喜びしたり。 オトナの遠足は一喜一憂w。


T先生も合流して747-8の離陸を見送った後、ブルーコーナーでお茶をしながら他のメンバーと合流しました。 ここからが「オトナの遠足、本番」。 でもそれについては、また続きにて・・・。


□  羽田でオトナの遠足①-ターミナル
⇒ 羽田でオトナの遠足②-JALハンガー見学

2017年3月14日火曜日

遂にサウジアラビア政府専用機

翌日には日本を離れてしまうサウジアラビア政府専用機、しかしその日は仕事のため見に行くことはできません。 主務機の747-300は以前飛んでいる姿を見ているので良いとしても、世界的にも希少な747-SPは知らずに見逃してしまったのでどうしても諦め切れません。
そこでこの日、小雨降る中ではありますが仕事帰りに羽田に行きました。 道連れは1DX2に、100-400mm,Extener1.4Xです。

まず向かったのはP3駐車場。 居ました、居ました、手前から順に747-300,747-SP,757-200が並んで停まっています♪ 話題になった電動式タラップも、ちゃんと放置置いてありました。
しかし遠い上に串刺し・・・飛んでいないなら、せめてもうちょっと良いアングルで見てみたい(涙。


そこで次に向かったのは羽田エクセルホテル東急フライヤーズテーブル。 VIPスポットに面した窓側は食事専用の席ですが、一人でコースを頂くのはチョット・・・。 そこでワインとおつまみで窓際の席を使わせてもらえるようお願いして着席しました。

VIPスポットが一番良く見える席は既に埋まっており、案内されたのは端の方の席でしがた、サウジ機はちゃんと見えます。 コチラからでも串は刺さっていますしボーディングブリッジも邪魔ですが、かなり間近で見ることができました♪ 757-200の「MED」の文字も見えました♪♪
なにより東京タワーやレインボーブリッジが彼方に見えるお陰で、羽田らしさが出せたかと思います。



恋焦がれたヒコーキを見ながら頂いたグラスワインと「洋風オードブル3種」も美味しく、至福の小一時間となりました。 ほろ酔いが心地よく、本日のお散歩はこれにて終了♪

2017年3月12日日曜日

羽田で政府専用機④-その後の2タミ

日本政府専用機とのコラボを撮りつつ、サウジ関連機を待ちつつ、その後も2タミ展望デッキでパシャリし続けます。



突然R/W34L降りの着陸機が2機立て続けにゴーアラウンドを決行。 同じコースのゴーアラウンドの音は自宅で度々聞いていますが、コレまでに目撃したのはつばさ公園での1回のみ。 今回はその時よりも「真下」感が高くて興奮しました。
しかし2機連続という事は機体の問題ではなくA滑走路に何かあったのかも知れずちょっと心配しましたが、ゴーアラしたのはその2機のみで以降は平常に戻りました。 結局理由は不明です。



ルフトハンザの747-8離陸まで粘りましたが、残念ながら滞在中には朝見た2機以外のサウジの政府専用機はやって来ませんでした。 それでも何だかんだでと楽しんで、本日のお散歩はこれにて終了♪



⇒ 羽田で政府専用機①-朝の1タミ
⇒ 羽田で政府専用機②ー2タミで引き継いだサウジ機は・・・
⇒ 羽田で政府専用機③-日本政府専用機
□  羽田で政府専用機④-その後の2タミ