2017年3月4日土曜日

春を待つ横浜イングリッシュガーデン


ウメやモモが咲いて春の気配が近づいていますが、もっと彩が欲しくて久しぶりにいつものガーデンへ。 道連れは1DX2に、24mm,100mmマクロとアングルファインダーです。

横浜イングリッシュガーデンといえばローズですが、この季節の主役はローズはローズでもクリスマスローズの方。

学名は「ヘレボルス(Helleborus)」といい、クリスマスローズと云う名称は本来はクリスマスの頃に咲く「ヘレボルス・ニゲル」のみを指すものですが、日本ではこの名称で広く知られています。 ローズと呼ばれていてもバラとは縁もゆかりもないキンポウゲ科の植物です。
多彩な色や形があると云う点では、両者は似ているかもしれません。 バラには棘があるように、素朴そうな姿の一方で毒を持つ(「helein(殺す) bore(食べ物)」が語源)と云う意外性も、ちょっと似ている?



主役はクリスマスローズでしたが、この日このガーデンを訪れた本来の目的は「オカメ」、赤いガクまで可愛らしい早咲きのサクラです。
ボケやハナモモも綺麗に咲いて、凍えて下ばかり向いていた視線を空に誘います。

そうかと思うと足下では小さなコ達も綺麗に咲いて、背伸びをしたりしゃがんだり花子は大忙し。




良い天気の予報に誘われて出掛けたワリに雲が多く、やっと陽が射し始めた頃には既に西日とパシャリにはあまり向かない日でしたが、“SEASON'S Cafe”のデザートの相変わらずの激甘っぷりに花の季節の気配を味わって、本日のお散歩はこれにて終了♪

2017年2月25日土曜日

百草園②-つるし雛まつり

この日の本当の目的はコチラ、園内にある松連庵で行われている『つるし雛まつり』です。 近年は細かい作業をするには目が辛くて遠ざかっていますが縮緬細工は花子の隠れた趣味で、作るのも見るのも大好きです。 今回もいつも通りの華やぎを求めて出掛けましたが・・・いつもとは全く違う華やぎでした。
お細工一つ一つの美しさは勿論ですが、定番のモチーフも吊るしの糸の色をテーマに合わせたりビーズなど他の素材をアクセントに加えることで、これまで見たことのない美しさ。 正直言って、圧倒されました。




色彩の組み合わせの妙味も格別で、中でも「紅花染め」と呼ばれる作品は淡いピンク一色ながらも濃淡と布の素材感の違いだけで豊かなバリエーションを感じさせており、大いに感服しました。



また木の枝や実と云った、縮緬とはかけ離れた素材を使っての拵えも絶妙です。



他の季節の風物を扱ったものは縮緬ばかりではなく、秋の風情には紬、風鈴には絽、端午の節句には着物を解いたと思われる家紋が入った布と、素材にもとことんこだわりが感じられます。




いったいどなたの手に由るものかと出品者の方にお声を掛けると、中村恭子さんとその教室の生徒さんの作品だそうです。 縮緬細工は参考書籍が沢山出版されているのでこれまで「習いたい」と思ったことは無かったのですが、こちらのお教室ならば我も是非と初めて思いました。 しかしながら、八王子とあっては通うことは叶いません。
それでも色々なお話を聞かせて下さり、これまた楽しい時間でした。 誠にありがとうございました。
※ご本人の承諾を得て、お名前を掲載しています。


開け放たれた小屋での展示とあって風が撮影の大敵でしたが、陽光を浴びて鮮やかさを増した古布の彩りに心も華やぎ、ニコニコしながら本日のお散歩はこれにて終了♪

⇒ 百草園①-梅まつり
□  百草園②-つるし雛まつり

百草園①-梅まつり

この日の本来の目的地はこちら、「百草園」と書いて「もぐさえん」と読みます。 江戸時代に建てられたお寺の流れを汲む名園で、この季節には約50種500本のウメが咲くそうです。 最寄り駅は京王百草園駅、園のHPで「徒歩10分」とある道筋を歩き始めるとすぐに彼方此方からウメの香りが漂い、一歩ごとにウキウキが高まります。
しかしそれは束の間・・・道が徐々に坂になって行きます、しかも角を曲がる度に傾斜が急になります! やっと百草園の看板に辿りついてヤレヤレと思いながら矢印に従って角を曲がると、その先は登山道のような傾斜!! 手すりに縋りついてゼーゼー言いながら坂を上る最中ずっと断念し時を計っていましたが、すれ違うお年寄り達に『もうちょっとだから頑張って~』と明るく声を掛けられては、若者が途中で挫折するワケにも行きません。 必死の思いで入り口に辿りつくと、警備員さんが『いらっしゃいませ』ではなく『お疲れさま』と迎えてくれるといえば、その過酷さが伝わるでしょうか?
帰宅後に調べるとここは都内屈指の「激坂」に認定されている場所なのだとか。 「徒歩10分」は絶対にウソです、もしこれから行かれる方は聖蹟桜ヶ丘駅からタクシーに乗られる事を強くお勧めします!

入り口でしばし休憩してから入園すると、なんと園内も坂だらけ! そこに白やピンクや黄色のウメが咲き乱れ、ゼーゼーしながら坂を登ればそのまま極楽浄土に行ってしまいそうな風景ですw。
ピークは幾分過ぎているようでしたが、遅咲きの品種が見頃を迎え始めていて、充分な花の数でした。

命がけで辿り着いた感動を残すべく、すぐさまパシャリしますが・・・そう云えば花子はウメの写真が苦手でした。 何処をどう撮ればこの美しさを切り取れるのか、サッパリ見当がつきません。

背景を空にしてスッキリさせたり潰したり、色を混ぜたり、前ボケを被せたり・・・色々と試してみましたが、どの画も枝がキタナイ。
しかも縦構図ばかり。 横構図で撮っても後で見るとムダが多くて、切り落とすと縦構図になってしまったものも幾つか。




花子はウメが苦手なだけで写真が下手なのではないと思いたくて足元のフクジュソウやスイセンもパシャリしますが・・・うーん。



でもいいの、今日の目的地は百草園だけれど、本当の目的はウメではないから。 でもそれについては、また続きにて・・・。

□  百草園①-梅まつり
⇒ 百草園②-つるし雛まつり